2016年 冬の個展 その③ 最終回

2016年冬の個展は現在より一ヵ月前になって
既に懐かしく思いますが
今回の個展は異例なことがありました

私の前の作家さんがどうやら日にちを間違えたらしく
私の搬入日と前の作家さんの搬出が重なってしまいました。
しかし、結果的には良かったのです

前の作家さんはエッグアートの方で
私は絵画なので一日だけエッグアートと絵画のコラボとなりました。
a0105478_18501097.jpg

           素敵でしょ
           これらはもちろん全て手作業です。

私の搬入時間には一度展示物をさげて
カフェママがそれらをまた元に戻してくださいました。
a0105478_18505731.jpg


   今回は打ち上げはしないで19日(月)に
   プチクリスマスパーティーをしました
   それと同時に「歌の会」もありました。
   (私はその歌の会のメンバーではありません)
a0105478_18512057.jpg

   「ホワイトクリスマス」やクリスマスソング数曲を
   メンバーの人達が数曲歌っていました
   「歌の会」と私の個展の「プチクリスマスパーティー」
   カフェの中はクリスマス一色でした

   こんな感じで
   オードブルをカフェママが作ってくださいました
a0105478_22423611.jpg

やはりいいですね冬の個展の開催時期をクリスマスに合わせて行うのは
でも年末ですのでみなさまお忙しいところ作品を観に来てくださり
ありがとうございました。

次は夏の個展で会いましょう!

☆ローズヒップ☆
[PR]

# by sweetrosehip | 2017-01-30 17:27 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

2016年 冬の個展 その②

個展日記のその②はいつもお世話になっている
ラヴァンドのママの心のこもったラヴァンドメニュー
毎回楽しみなのが時々新作があること
その一部を紹介します

                         定番のオムライス
                       搬入後必ず頂いています
a0105478_22235288.jpg


                           新作の抹茶プリン
                         黒豆が乗っています
                           クセになりそう
a0105478_22242743.jpg



                            クリームパスタ 
                    カルボナーラのようでカルボナラーラではない味
                            ハマりました
a0105478_22245729.jpg


                           チョコシフォンケーキ
                           クリスマスバージョン
                       生クリームがツリーになっています
a0105478_22255189.jpg



                             ホットレモン
                   風邪気味でしたので暖かいホットレモンは効果あり
a0105478_22272654.jpg


                              カプチーノ
    昔はこうやってシナモン棒でかきまぜて頂いていたのを思い出します
    現在はカプチーノをオーダーするとラテアートで色々な絵を描いたものが出てきますが
    ラヴァンドに来れば昔のまま頂けます
a0105478_22275492.jpg


まだまだ他にも美味しいメニューがありますが
このぐらいにします

その③へつづく
[PR]

# by sweetrosehip | 2017-01-14 23:08 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

2016年 冬の個展 その①

2016年の冬のクリスマス個展は
   恵比寿のギャラリーカフェ「カフェ・ラヴァンド」で
   12月11日(日)から26日(月)の2週間開催されていました。
   今回もこのように飾りました。
a0105478_1441279.jpg



   今年の後半の新作品は4点
   左は「秋のお散歩」
   右は「Happy Bird」2017年の干支です。年賀状用に描きました
a0105478_14414987.jpg



    2017年のカレンダー
    中央の男の子のモデルは私の大好きなデヴィッド・ボウイ
    上着の裾のところにBowieのBを書いています
a0105478_1442561.jpg



    これは旧作2012年の作品
    「クリスマスの贈り物」
a0105478_14422534.jpg



   これらも旧作
   右は「星空を眺めながら」
   左は昨年の作品タイトルは無題でした
a0105478_14424688.jpg



                           2013年の作品
                          「マジッククリスマス」
a0105478_14484897.jpg



                           そして最後に
                       またまた新作のクリスマス用の絵
                       「シックでキュートなサンタクロース」
a0105478_14491931.jpg

     そうなんです。この女の子はサンタクロースで手にいっぱいの
     プレゼントを持っています。天使達も一緒にプレゼントを持っています。

                    これらの作品を飾っていました。

その②へ続く
[PR]

# by sweetrosehip | 2017-01-08 15:39 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

2016年 冬の個展終了しました

クリスマス展終了しました。
今回の個展で更にカフェギャラリーが私ワールドになっていました。
ご来店の方ありがとうございました。
今年で10年目カフェラヴァンドとコラボした作品展になりつつあります
f0107018_21573926.jpg

作品を観に来られなかった方々
年明けにはまた個展日記を少しづつ更新し行きますので
ご覧くださいませ


みなさま、良いお年を


ローズヒップ
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-12-27 22:05 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

2016年 冬の個展のお知らせ

              メリークリスマス!
              冬の個展のお知らせを致します。
a0105478_2228559.jpg

              <キュートでシックなサンタクロース>

             
         場所はもちろんラヴァンドで

         ☆期 間 : 12月114日(日)~12月26日(月)
         ☆場 所 : 恵比寿「カフェ・ラヴァンド」
         ☆住 所 : 渋谷区恵比寿西1-10-12
         ☆Tel  : 03-3780-5225
            http://www.lavan.sakura.ne.jp/ 
                                             
         ☆時 間  
          月~土  : 12:30~20:00
           日曜日  : 12:30~18:00
          19日(月)は18:00 最終日は18:00まで
                  
a0105478_1838417.jpg



                 ギャラリーカフェ「ラヴァンド」
a0105478_18383032.jpg

              うっかり通り過ぎてしまうかもしれませんが

a0105478_22295722.jpg

               前回の夏の個展の入り口の看板
               今回もこのようにしております 

               年の瀬で忙しい事だと思います
               お時間のある時にお立ち寄りくださいませ

a0105478_22323715.jpg


               ☆ ローズヒップ☆


[PR]

# by sweetrosehip | 2016-12-03 22:45 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

先週のハロウィン

           先週のハロウィンで人生初のコスチューム
           思いっきり弾けちゃいました。
f0107018_22252518.jpg

          まわりから何のコスチューム?と聞かれ
          「マレフィセント」の魔女アンジェリーナ・ジョリー
           ・・・・・のつもりでした(笑)
          背中は黒のマントを羽織っているのです
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-11-05 22:32 | サプライズ! | Trackback | Comments(3)

秋のワイン会 2016

毎年恒例の秋のワイン会
電リクヒルズさんと多分かれこれ10年くらいだと思います
f0107018_22323375.jpg
                 毎回メニューを考えるのは楽しみ
 なぜならクックパッドを参考に自分のオリジナルな料理をするのが
 私の趣味の一つ      
 この上のメニューも本当はキュウリをスライスしてマッシュポテトを入れる        
 と書いてあったのですが私はそれをズッキーニにして       
 軽くオリーブオイルで炒めてその上にマッシュポテトを乗せました。
f0107018_22321632.jpg

 お皿が少し大きかったかな?
 タコのマリネの上にレモンのスライスを乗せて
 アスパラガスの上に乗せたもの
 右はトマトをくり抜いてキノコのソテーを入れました。
f0107018_22320596.jpg

 メインはサーロンステーキ、ライスサラダ
 ワインは電リクヒルズさんおススメの
 オバマ大統領御用達のワイン
 まろやかな味わいで幸せになります

f0107018_22315233.jpg

 デザートはハーゲンダッツのハーブの味ローズヒップの香がする
 アイスクリームにチョコシロップをかけて
 フルーツは柿と巨峰
 もう少しオシャレにデコレートしたかったのですが
 ワインの酔いがほろ酔い気分になってしまい(笑)
 ちょっと残念

f0107018_22313788.jpg

 私のオリジナルコーヒーと
 お菓子


この後は私の部屋で2次会
電リクヒルズさんが持って来てくれたDVDをワインを飲みながら鑑賞
タイトルが思い出せない!インド料理とフランス料理のお店の
ハートウォーミングなストーリーで気分よく3時ごろに就寝☆


f0107018_22311647.jpg

翌朝の朝食は
カフェ風にワンプレートのモーニング
前日の残ったお料理でアレンジ
スープはオードブルでくり抜いたトマトスープ
「ティファニーで朝食を」のDVD等を鑑賞しました。

天気予報では土日の天気は雨の予報だったけれど
今回もハズレて私達のワイン会はいつも晴れます。
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-10-23 19:58 | Let's cooking! | Trackback | Comments(0)

色鉛筆でコミカルに

a0105478_2158158.jpg

        色鉛筆でちょっと遊んでみました。

        前回の個展の時に展示したこの下の作品を観た友達が
        「この女の子がバスタブから立っている絵も描いてよ」
        なんて言うものだから
        何となくコミカルに描いてみました。
a0105478_21583548.jpg

        ショートストーリーはコチラ→http://ikumicafe.exblog.jp/18523827/
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-09-30 22:39 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(1)

秋場所 既にスモ女になっています

   両国国技館での秋場所へ行きました。
   今年は両国国技館での大相撲は初場所、春場所、秋場所の相撲を全て
   観戦しました。
   気が付いたらこれはもうスモ女になっているようです(笑)

   国技館に入ってまず指定されたお茶屋さんで予約をしていたお弁当やビール、ワインを
   受け取り、係の人が私達の席まで案内をしてくれている間からワクワク
   「ああ、今場所も来れて良かった」と思いました。

   私達の席は相撲協会で勤めている友達がいつも予約してくれるので
   (毎回とても感謝してます!)
   毎回2階席の良く見える場所

   案内をしてくれた係の人はあまり慣れてない様で
   席を探していたけれど
   私のほうが「あそこの席です」と言うと
   「笑ながらよく来られているのですか?」と言われちゃいました。

   そう言えばビールの追加を頼みに指定された
   お茶屋さんで注文をすると
   「いつもありがとうございます」とそこの女将さんらしき人に
   言われました(笑)
f0107018_21212066.jpg

   幕内の紹介をしているところ

f0107018_21212185.jpg

   横綱の日馬富士、白鵬は今場所は休場でした
   私の応援している遠藤はこの日は白星でした。
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-09-21 21:21 | HAPPY! | Trackback | Comments(0)

シャンソンのディナーショー

シャンソンのディナーショーに初めて行きました。
きっかけは私の個展でお世話になっている
カフェ・ラヴァンドのママさんのお友達のおば様が私の絵のファンで
そのおば様のお知り合いの
「唯文(たけふみ)」さんのショーでした。
f0107018_1373789.jpg



唯文さんは昔モデルをされていたとのことで
イケメンでスラッとしていているのでスポットライトを
浴びてもランウェイをしなやかに歩いているような
スマートで楽しいステージでした

シャンソンは3分間のドラマと言われるように
ライヴで歌の主人公になりきって観客の心を惹きつける魅力に感動
最初ステージに現われた時はまるで宝塚の男役の方が
出て来たのかと錯覚するぐらいでした。と言えばおわかりでしょう

このショーに連れて行ってくれたおば様の息子さんも画家で
先日その画家さんの個展に行った時に唯文さんが絵を観に来ていて
私はその時彼がシャンソン歌手とは知らずに普通にお喋りをしていました。
しばらくしておば様ご夫婦と画家である息子さん他数人と一緒に写真を撮りました

その写真は私にとっては貴重な写真になりました
しばらくして職業を聞いてシャンソン歌手であることがわかりました。

ステージが終わってお客様が帰る時に出口で
皆様一人一人に挨拶をして私のことも覚えてくれたことがとても嬉しかったでした。

シャンソンは秋にぴったりですね
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-09-16 12:55 | HAPPY! | Trackback | Comments(0)

シンクロニシティ

シンクロなことがありました。
現在ラヴァンドで開いてりる作品展に興味がありカフェに行くと
作家さんと作家さんのお友達がいらっしゃいました。

その個展の作家さんとお友達は私の絵のファンでもあることは
知っていましたのでご挨拶をしました。

そしてそのお友達が数年前に勤めていた会社の休憩室に
シティリビング(都内の企業に勤めるOL向けのタウン誌)が置いてあって
その新聞を見ていたら可愛い絵と記事が載っていて
切り抜いてずっと持っているということを聞いてびっくりしました。

その方にとっては私がこのカフェラヴァンドで
毎年個展を開いているなんて全く知らなかったワケですから
驚いていました。

それにしても「意味のある偶然の一致」のような感じを覚えました
本当に嬉しいことです。

7年前の記事です。コチラ→http://sweetsmell.exblog.jp/10438637/
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-09-09 22:34 | サプライズ! | Trackback | Comments(0)

2016年 夏の個展 その③ 最終回

今回の夏の個展はいつもより短く一週間と一日でしたので
      あっという間に打ち上げの日を
      向かえました。

      そして約7,8年振りに会えた
      幼馴染の女性と男性も交えてほのかに私の快気祝いも兼ねて
      みんなでワインで乾杯しました。
a0105478_19252162.jpg

      このお食事ももちろんカフェママの手料理です
      いつもありがとうございます


      この作品は新作として飾った時はそれほど評価はなかった絵でしたが
      今回もう一度飾った時に人気を集めた作品でした。
      個人的には私のお気に入りの作品です
      何も考えずにボーッとしていたいなあと思ってふと描いた絵です
a0105478_192546100.jpg



      そしてこの作品も新作として飾った時は評価はまあまあだったのに
      今回は評価は高く、赤い額と言うのがとても絵に合っていて
      素敵と言われた絵です。
a0105478_19264295.jpg



      飾る場所を変えるだけでその作品の良さがまた新鮮な感じに思えるのかも
      しれませんね。

      ちょっと嬉しかったのは
      カフェに入って来られたお客様が
      私の作品のポストカードをたくさん買って下さり
      その女性から「サインください!」なんて言われた時は照れちゃいました。

      個人的な事情の為2016年夏の個展は当初はパスしようかなと
      思って開いた個展でしたがやはり開いて良かったと思っています。
      次回は12月の冬の個展で会いましょう

Rosehip     
                終わり
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-08-31 22:39 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

2016年 夏の個展日記 その④ ラヴァンドメニュー

毎回個展の度に紹介するラヴァンドメニュー
    かれこれお世話になって既に10年目
    いつも新鮮なメニューにワクワクしています
    期間中に頂いたメニューの一部を紹介します

a0105478_2332010.jpg



     ラヴァンド定番の「オムライス」
a0105478_234686.jpg



     少し辛めの「ドライカレー」
a0105478_2344629.jpg



     10年間同じ味を保っている「焼きビーフン」
a0105478_2362780.jpg



     そして上記のメニューとセットのスープとピクルス
a0105478_22103979.jpg



     既に一口サイズにカットしているカレーピザ
a0105478_2212450.jpg



     「スコーン」テイクアウトも出来るそうです。
a0105478_22131664.jpg



     「チーズケーキ」
a0105478_22134993.jpg



     「ブルーベリータルト」個人的に私はこのタルトが大好きです
a0105478_22142449.jpg

              ケーキも全てカフェママの手作りです


     「レモンジュース」ハマってしまいます
a0105478_22161179.jpg



     「カプチーノ」
a0105478_14443955.jpg

     最近ではカプチーノと言うとラテアートが主流で
     シナモン棒を出すカフェが少なくなりました
     この棒でかき混ぜて頂くカプチーノはシナモンの香りもしっかりと
     味わえて大好きです。


     そしてカフェママの絵
a0105478_22173063.jpg

     いつも看板として外に出ています
     趣があっていいですよね~


カフェママが一人でオーダー、料理と切盛りしているので
カフェが満席の時など運ばれてくるのに多少時間がかかりますが
心を込めた料理は待っていた時間を忘れるほど一口入れると
幸せな気分になります
結局私も毎日来てしまいました(笑)


その③へつづく
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-08-29 15:12 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

2016年 夏の個展日記 その① 作品

今年の夏の個展は8月に開きました。
     14日からはお盆休みで地方へ帰る人達が多いせいか
     東京は何となく静かでした。

a0105478_18493734.jpg


              今回展示した作品の紹介です

            <蔦の妖精と話している妖精> 新作
a0105478_18512487.jpg




               <For June Bride> 新作
a0105478_1852226.jpg




            <左:夕涼み   右:ベルーガに手を振って>  新作
a0105478_18574779.jpg




          <左:さわやかな夏の風  右:どちらが似合うかしら?>
a0105478_18582317.jpg




                 <憧れのサマーガールズ>
a0105478_1901440.jpg




                 <私の大好きな時間>
a0105478_1904697.jpg




以上8点を飾りました。
旧作も飾る場所を変えるだけで新鮮に見えました
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-08-26 21:14 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

子宮全摘手術 その⑥ 最終回 結果的に順調な回復

夏の個展は終了しました。
期間中の8月20日(土)は2回目の通院日でした。

今月初旬にまた微妙な出血がありましたが
それほど驚かなくて
「まあ、次回の通院日には終わってるだろう」なんて思うほど余裕でした

結局、微妙な出血は通院日の2,3日前に止まりそれ以来
出血はなくなりました。
経過は順調な回復と言えるでしょう

傷口の痛みは時々シクッと感じる程度になりました。
先生にもそのように報告して最後に診察して頂きました。
内視鏡を通して画像を見ながら
「問題はないですね、次の診察は3ヶ月後の11月5日にして
それで終了しましょう」
と言ってくださいました。
またひとつクリアしたと思いました。

でもまだ油断してはいけないと思うし
「このぐらいの重さだったら大丈夫かも」なんて思って
物を動かしたり持ったりしないようにし回復を遅らせることはしないように
心がけようと思います

退院して外出する時はいつもスニーカーを履いていて
先日久しぶりに5㎝ぐらいのヒールを履いてコツコツと歩いていると
少し傷口に響いてきてそれがまた少し痛み出したので
「やはりしばらくはスニーカーだ」と思いました。

ちなみに私はピンクのスケッチャーズのスニーカーを履いています
とても軽くてパンツやワンピースにも似合うスニーカーで
ある人にワンピースにピンクのスニーカーを履いていると言うと
「ニューヨーカーでカッコイイなあ」と言ってくれたファッション関係のオジサマがいました。
彼がそう言っているんだからそうすることにしました(笑)

それと6年くらい前に買ったペッタンコのゴールドのパンプス
ペッタンコすぎて歩きにくくて
買ったことを後悔して数回しか履かなかった靴ですが
今となっては履きこなしています。

ワインのコルクを抜く時も短い間に力をグッと入れることも控えるつもり
「私、力がないの」と少しカワイ子ぶってもいいかな(笑)

順調な回復の為に私が行っていたことは
手術前または入院前に
毎日のストレッチの時間を少し延ばして
手術後フットワークが少しでも楽になるように予めしておくことに
心がけていました。

その効果が実際あったのかどうかはわかりませんが
毎年恒例の「夏の個展」が開けたワケですから

子宮全摘手術を受けて退院後の私の小さな悩みは「微妙な出血」
みなさんも心配されているかと思います。
もちろん主治医の先生の指導も受けていましたが
それでもやはりサイトを見て不安解消をしていました。


☆ご参考まで

コチラ→http://www.geocities.jp/faye32_faye/page021.html

コチラ→http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0826/613772.htm

精神面での自分なりの心のケアは・・・・
もともと私は天然なので
主治医の先生の話やサイトを2,3見ただけで
深く悪く考えずに「ああ、そうなんだ、まあ、何とかなるだろう」
みたいな気持ちでいました。
それに私の全摘手術経験者の友達は「スッキリした!」と言っていましたし(笑)

アバウトな目標くらいは立てていました。
7月は退院して家でダラダラと安静しながらたっぷり時間があるので
2つぐらいは絵を余裕で描けそうだし8月中旬ぐらいにプチ個展を開こう」
と思い実行出来ました

知り合いの実業家のオジサマは
「少しくらい無理をしたほうが良いよ、ほんの少しくらいね」
と言われましたが
多分既に私はそうなっていると思います(笑)

みなさんも婦人検診は年に一度は受診しましょう!

☆「子宮全摘手術 」 終わり
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-08-23 15:58 | Diary | Trackback | Comments(0)

2016年 夏の個展のお知らせ

全摘手術のストーリーは一旦お休みをしまして
個展のお知らせを致します


               残暑お見舞い申し上げます
          只今開催中の夏の個展のお知らせを致します。

a0105478_215455.jpg

                 <蔦の妖精と話している妖精>
             
           場所はもちろんラヴァンドで

         ☆期 間 : 8月14日(日)~8月21日(日)
         ☆場 所 : 恵比寿「カフェ・ラヴァンド」
         ☆住 所 : 渋谷区恵比寿西1-10-12
          http://www.lavan.sakura.ne.jp/ 
                 Tel : 03-3780-5225
                            
         ☆時 間  
          月~土  : 12:30~20:00
           日曜日  : 12:30~18:00
                  
a0105478_1838417.jpg



                 ギャラリーカフェ「ラヴァンド」
a0105478_18383032.jpg

                今回は例年より短めのプチ個展です


a0105478_223105.jpg

                 前回の冬の個展の入り口の看板
                  今回もこのようにしております 

a0105478_2232827.jpg
               
        ホットでもアイスでもレモンスカッシュに誰でもハマると思います
             特に熱中症対策にもビタミンCはかかせませんね

              お時間のある時にお立ち寄りくださいませ

             ☆ ローズヒップ☆


[PR]

# by sweetrosehip | 2016-08-13 21:36 | 私のギャラリー | Trackback | Comments(0)

子宮全摘手術 その⑤ 退院後の一ヵ月間

7月4日(月)
病院からタクシーに乗って帰る時
母がタクシーの中で大きなボストンバッグを動かす時に
一時的にそのバッグが私のお腹にボンと置かれた時
「痛いじゃないの~」と私が言うと「あ、そうだったゴメン」と母。
12年前の子宮筋腫の時と同じような事がありました(笑)
「マジ痛い」という感じでした。

私の手術は他の人より長かったので出血もたくさんあったので
貧血の薬を入院中から服用していました。
14日分だけ頂きました。

傷口の痛みは日に日に良くなってきているものの
まだ身体を背筋をピンと延ばすことが苦痛な状態
帰宅して私はすぐに自分の部屋へ行きベッドに横になりました。
やっぱり自分のベッドで寝るのが一番嬉しい


7月5日(火)
今日からマンションの共用の廊下を同じフロアだけ歩行練習をしようと心に決めた
午前、午後、夜、各3週歩く練習をしていました。
時間を選んで誰にも合わないようにしていました。

7月6日(水)
退院して2日目に再びわずかな出血がありました。
手術後しばらくはそのわずかな出血はあり退院する2日前には
止まっていたのに再び出血がありびっくりしました。


7月7日(木)
病院に出血の事を電話で話すと
「何か重い物を持ちましたか?」と聞かれました。
私は「持っていません」と答えました。
ほんの少しの微妙な出血ならしばらくしたら止まるので
心配することはないと言われました。


7月10日(日)
参議院の選挙に行きました。退院後初めての外出です
歩行練習も順調に回復して近くの中学校まで
母と一緒に歩いていきました。

7月12日(火)
新宿まで電車に乗り(地元の駅から2つ目なので)
マンツーマンの英会話の授業を1時間受けて帰宅しました。
早く行きたいと思っていましたので

7月16日(土)
退院後初めての通院はタクシーで行きました。
微妙な出血がまだ止まらないと主治医の先生に言うと
内視鏡で診てくださり、まだただれているということでした。
やはり退院して日常生活にもどるとどうしても無理をしたりすることが
多いので出血をすることがあると言われました。
しばらく出血はしますが問題はありませんと言われました。


7月19日(火)
マンツーマンの英会話で新宿へ

7月25日(月)
何とか出血は止まったようでした。

7月26日(火)
マンツーマンの英会話で新宿へ

7月31日(日)
私の中では7月中は休養または安静期間と言っても
一日中ベッドに寝ているのではなく
新宿のマンツーマンの英会話以外は
私の行動範囲はほぼ自宅周辺でした。
8月からは通常の生活が出来る状態に予定通りに
快復しました。


この一ヵ月の安静期間に絵を2つ仕上げました
8月14日(日)から夏の個展を開く為の準備をしています。
そして次の通院日は8月20日(土)

体調的には全く問題はなく
身体の機能が完璧に戻るまであと半歩という感じです

その⑥は最終章ですがしばらくお休みをして

個展のお知らせをします

その⑥で終了致します
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-08-11 19:06 | Diary | Trackback | Comments(0)

子宮全摘手術 その⑤ 退院まで

6月30日(木)
やっとご飯が食べられることが出来ると思って
この分だとお昼ご飯から食事にありつけるかな
と思っていたら
医師の許可が出るまで時間がかかり
結局夕食からでした。
約三日何も食べていなかったので本当に空腹感に限界を達していました
最初は点滴が食事だと思っていたのがそうではありませんでした
水かお茶ばかり飲むのにも飽きてきました。
まるで断食をしていたような感じでした。

もちろん最初は流動食でご飯はおもゆ
コーンスープ、玉子豆腐、プリン等でした
この様なメニューでも本当に美味しく感じました
完食しました

それにしても術後なのに食欲がないとか
そんなことは不思議と全くありませんでした。

傷の痛みは本当に毎日朝より夕方になるにつれて
順調に良くなってきているので
身体の機能の回復力に自分でも驚いています
痛み止めの薬をお願いしての事を含めてですが。


7月1日(金)
朝とお昼は流動食で
夕食からやっと常食になりました。
点滴の針も外されました。

全摘手術の経過は順調でしたが
残尿検査ではまだまだ自力で尿を出すことが出来ず
主治医の先生からこの検査で残尿がなくなったら退院なので
とりあえず月曜日を目標として頑張りましょう
と言われた時は実は安心しました
なぜなら術後の傷口の痛みは日に日に良くなってきても
退院するにはまだ酷だと思っていましたので。

入院する前の検査では火曜日に手術をして金曜日に退院予定なんて
言われた時に「そりゃ、無理だよ」なんて思っていたけど
やはりそうでしたし母も主治医の先生にせめて土曜日に退院にして欲しいと
お願いしていました。

退院が少し遅れて良かった。


7月2日(土)
夕方ぐらいにやっと残尿もなくなり主治医の先生が
「では、退院は明日にしましょうか?」と言われましたが
私ははっきりと「やはり月曜日がいいです。」と言うと
先生は快く「じゃ、そうしましょう」とおっしゃってくださいました。

12年前に子宮筋腫のみの切除の手術を受けた時は
確か術後10日くらいは入院していましたので退院する時は
明らかに痛みもほとんどなくなっていたことを覚えています。
でも当時は傷口を縫った後の抜糸があった為その分長く入院していたのですが
現在は縫った糸は身体の中で溶けてしまうので抜糸の必要がない分
早く患者を退院させてしまうのだろう。

それと当時からも言われていましたが
女性の4人に1人が筋腫を持っているという事なので
本当に手術の件数が多く手術待ちの女性がたくさんいることを
今回の手術で実感しました。

ベッドの数の関係上、手術をして問題がなければ傷口の痛みぐらいは
自宅静養でゆっくり治してという方針なのだろう
それは仕方がないことだと思う

でも私の場合は自宅に帰れば母が何でもやってくれるので
ゆっくり静養出来ますが
小さなお子さんがいたりする主婦にとっては大変なことだと思う

またまた母に借りを作ってしまった。
私は今回の手術を含め3回の手術
母の日と誕生日は盛大にしないとね(笑)

夕方執刀医の先生が来られて
(その先生は毎朝診に来てくださっていました)
「ここの窓から新宿の高層ビルと池袋のサンシャインが見えるんだよ」
と言われてよく見てみると本当に見えました
今まで空腹感や痛みが和らげることばかりしか考えていなかったので
私のベッドからそのような夜景が見れたなんて思いもしませんでした。


7月3日(日)
ゆっくりしておだやかな気持ちでベッドに横たわったり
歩行訓練をしたりしていました。
看護師さんから退院後の説明書を頂きました。
主治医の先生も診に来てくださいました。
(あら、日曜日でもいらっしゃるのね)


7月4日(月)
朝、執刀医の先生が来られて
窓の外を眺めながら私もその先生の隣に行き
「よく見ると新宿の高層ビル見えますね、私あの近くに住んでいるんです」
と言うたわいもない会話をして
「本当にお世話になりました」と言うと「ニコッ」として行ってしまいました。

朝食を済まして10時ごろに母が病院に迎えに来てくれて
荷物をまとめて一週間ぶりに私は洋服に着替えて
その日の私の担当看護師の方に
「大変お世話になりました」と退院のお礼を言って
産婦人科をあっさりと去りました。

脳外科に入院していた時は2ヶ月と10日という
長い入院期間だったので
ナースステーションで看護師さんが大きな声で
「ローズヒップさん退院です!」と言うと
一同に席を立って「おめでとうございます!」
と看護師さん達から言われたことを思い出しました。


まあ、一週間だったしよくある手術の退院でしたので
このあっさりとした感じが本当は普通なんだろうなと思いました。

という事でひとまず退院出来ました

その⑥につづく 退院後の静養期間 
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-08-08 22:54 | Diary | Trackback | Comments(0)

子宮全摘手術 その④ 術後のプレッシャー

6月29日(水)
術後翌日は激痛の50%は和らいでいましたが
とにかく喉も痛くてかすれた声なのでなるべく声を出さずに
アイコンタクトや首を振る程度で対応していました。

看護師さんに身体を綺麗にして頂きカテーテルも外してもらって
点滴棒に色んな種類の点滴が代わるがわるつるされて
右腕に注入されていました。

車イスで病室まで連れて行かされ自分のベッドに寝かせてくださいました。
病室から初めてトイレに歩いて行く時だけ看護師さんが付き合ってくれて
「一緒に入りましょうか?」と言われたのですが
「大丈夫です、一人で出来ます」と言って
トイレの外で待っててくださいました。

トイレから戻ってきてしばらくして、助手さんから
「ローズヒップさん検査に行きますので車イスに乗ってください」と言われました
だるい!ベッドで休んでいたいんだけどなあ、それに何と言っても痛い!
と思いながら車イスに乗ってレントゲン室に入って
CTスキャンを撮りました
その後また車イスに乗って病室に戻りました。

早速看護師さんから「ガスは出ましたか」と聞かれ
「まだです」と言うと
「今日から病棟の中をたくさん歩いてくださいね、そうしないとガスでませんよ」と言われました
水とお茶を飲むことは許されたのですがガスが出るまで食べることは出来ないのである。

正直言って昨日は一日中飲食は禁止だったのだから
体力もないのに傷口だって痛いのに歩けとはスパルタだわ
全摘経験者の言うとおりどこの病院でもスパルタなリハビリ
でもそうしないと次へ行けないのはわかっているのだけど

私は痛い傷口を抑えながら点滴棒に掴まって病室の前の廊下を
5周ぐらいしていました。
しばらくベッドで休んでまた廊下で歩行練習をしている私の姿を見た看護師さんが
「さっきよりさっそうと歩いている!頑張ってくださいね」と言われました。

やはり12年前の手術と比較してしまう
少なくともスパルタではなかった。

スパルタでも看護師さん達はとても良い人達ばかりだった。
だからN大病院が好きなんだけど
1日に何度も「ガスは出ましたか」と聞かれるのがプレッシャーだった。
結局この日はでなかった。

そして尿についても筋腫が膀胱を圧迫していたので
膀胱を傷つけないように時間をかけて取ったので
膀胱事態には問題はなかったのですが術後は尿の機能が普通の状態に
回復することが出来ずトイレに行きたくて行っても尿がでない状態になっていて
残尿検査となりました。

残尿検査とは
まず自分でカップを持ってトイレへ行き自力で尿を出す。
そのあと検査機にカップに入った尿を入れて
何ml出たか確認して看護師さんへ申告をする
次に処置室に行って台に乗って看護師さんに管を通してもらい
看護師さんがカップで残尿を取ってくれてそれをまた
検査機に自分で持って行き残尿の数値を確認して看護婦さんに伝える。

この検査を4時間毎にしていました。
深夜でも看護師さんに起こされてコレをしていました。
この時にも「ガスは出ましたか?」と聞かれ
「まだ出てません。。。。。」と答えると、お腹に暖かいタオルを置いて
ガスが出やすいようにくださいました。

この日は結局お水とお茶ばかりを飲んでいました。
先生に「お腹が空きました」と伝えると
「お腹が空くということは良い事ですから頑張ってガスを出しましょう」
と言ってくださいました。


6月30日(木)
ローズヒップさんおはようございます。
と言って看護師さんが入ってきました。
また「ガスは出ましたか?」「出てません」「今日中に出してくださいね」と言われ
聴診器を私のお腹にあてて
「あ、腸が活動している午前中にはガスが出そうですよ」と言われました。
そしてまた新しい暖かいタオルをお腹に乗せてくれました。

そのあと執刀医のT先生が「おはよう」と言って
入ってきました。「どお?歩いている?朝食は取った?」と言われたので
「ガスが出ないのでまだ食べられないんです。」と答えると
先生は「あのね歩かないとガスは出ないし、薬で出るわけではない
ここではガスが出ることは恥ずかしい事ではないんだから
自力で出す為にも歩くんだよ」と言われました。

その約1時間後やっとガスが出ました。
その時の感想は
「やったあ、これで食事にありつける」でした。

その⑤へつづく 退院まで
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-08-02 21:59 | Diary | Trackback | Comments(0)

子宮全摘手術 その③ やっと手術

手術日が決まってから
入院前にしばらくは会えない友達とランチをしたり
私と同世代の友達でも子宮全摘手術経験者がいてその友達に伝えると
全摘手術をして「スッキリしたわ、楽になったわよ」
なんてあっけらかんと言っていました。
私もこの年齢でもう子供を産むということは絶対にないし
早くスッキリしたいなと思っていました。

これが20代や30代だったら深刻な話ですが

入院は3度目、事前に準備をしていても前日になってもあまり実感がなく
決して良いことではありませんが
入院慣れ手術慣れをしていてどこかに合宿に行くような気分でした。


6月27日(月)
入院、今度は一週間、入院期間が短いのが不安でした。
あとは何も心配していませんでしたし食欲もありました。
翌日の手術の説明を受けました。
自分で「何なんだこの余裕は」と何度も思っていました。

それもそのはず手術は今回で3度目
子宮筋腫(2004年)、脳腫瘍(2010年)と経験しているので
手術前に主治医グループの先生方や麻酔科の先生、
看護師さんからの説明内容もほぼ知っていました。

「脳腫瘍の手術の時は術後の傷口の痛みに関しては全くなく
むしろ楽だったけれど開腹手術後はしばらく痛いぞ~」
と覚悟をしていました。

手術当日は朝から飲食禁止なので夕食の後20:30に
彼が買ってきたコンビニのおにぎりを2つ食べてお腹いっぱいにして
21時の消灯で眠る体勢をしましたが実際は友達にメールなどをしていて
22時半ぐらいに寝ました。


6月28日(火)
手術当日私は全摘手術の3番目の手術なので15:00くらいからの手術と言われていました。
1番目の全摘手術の時間がとても長く(通常約2時間)4時間くらいかかって終了し
2番目の手術は通常の2時間で終了したので私は結局16:00からとなりました。

いつ呼ばれてもいいようにお昼ごろから手術着になって準備していました。
(本当は朝起きたら手術着に着替えてくださいと言われていましたが
3番目なので看護師さんも大目に見てくださいました。)

呼ばれるまでは喉を潤したりしてしてお腹も空いてきたしそれだけでも辛かったでした。
体調は至って元気でした。

手術室までは母と一緒に助手さんに連れられて歩いて行きました。
母は家族控室に行き私は歩いて手術台に乗りました。
麻酔科の先生方が入って来て自己紹介をしてくれました。

その中に日本語が堪能なジャネット・ジャクソン系の先生がいました。
「はーい、ではまず背中に麻酔を注入します。ふわ~としてきますよ」と言われると
私は余裕で「はい、ふわ~っとしてます。」と答えました。
でもそれはあまり気持ちよいわけではありませんでした。
次に口のまわりに酸素マスクを当てられ・・・・・・眠りました。

手術が終わり、麻酔が切られて目が覚めたとたん
全身に激痛を感じて声も出せず先生は私に「こ~んな大きい筋腫を取ったよ」
と言ってくださりその大きさを両手で教えて頂きましたが
首を縦に振ってそうですかとうなづくことで精一杯でした。

産婦人科のナースステーションのすぐ隣の特別室まで運ばれている間も
痛い!痛い!という言葉しかなく声を出す気力もなく心の中で叫んでいました。
特別室のベッドにどのようにして移されたのかも記憶にない

私の手術は膀胱に筋腫が圧迫していたので膀胱を傷つけないように
筋腫を切除したので私の手術も4時間くらいかかりその分
出血も多く出たのであともう少しで輸血が必要だったけど何とか大丈夫だった
らしいです(母が先生からそう言われました)

通常2時間の手術が4時間になってしまったけれど
そんなの私が眠っているのだから関係ないことで
とにかくその特別室では
「痛くて寒い」をずっと心の中で叫んでいました。

この痛みは12年前ともちろん同じ痛みだったので
そう叫びながらも明日は少し楽になり明後日はさらに楽になると
自分に言い聞かせている内に眠ることは出来ましたが
夜中に何度か痛くて起きました。

その④へつづく 「手術後」
[PR]

# by sweetrosehip | 2016-07-28 22:49 | Diary | Trackback | Comments(0)